RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, -
はっぴーえんど単行本6巻2月末日発売です!!

「はっぴーえんど」6巻のカバーデザインが出来上がりました!

いかがでしょうか?

結構素敵でしょ?

 

この写真は北海道のとある湖で、札幌在住の僕の従弟で

アマチュア写真家の作品です。

 

本の内容はサブタイトルにもあるように

主人公天道陽(てんどうあさひ)が、若くして妻をがんで亡くしたのちに

国境なき医師団としてアフリカの南スーダンに渡り、

彼にとって大切なもの、大切なことを見てきます。

その後鹿児島県の与論島にも渡って・・・

 

これまでの話は函館市内の話ばかりでしたが、今回は異質の舞台での

お話です。

特に南スーダンは、なかなか漫画は勿論ドラマでも映画でも

舞台になることは極少ないのではないでしょうか?

国境なき医師団の全面協力で、現地まで取材に行って見て来たかのように描きました(笑)

 

与論島編も含めて過去の5巻以上に内容の濃い面白さとなっています。

 

是非2月28日の発売です。買って読んでください!!

よろしくお願いします!!

 

author:魚戸おさむ, category:-, 15:53
comments(0), trackbacks(0), -
はっぴーえんど単行本5巻もうすぐ発売!!

「はっぴーえんど」5巻が今月30日頃発売になります!!

 

今回のカバー写真は12巻に続き、自分の仕事場前のある

 

石神井(しゃくじい)公園の中で以前撮ったものです。

 

それも高くないデジカメで。

 

秋の季節感いっぱいでちょいとイケてるでしょ?

 

 

 

今回は冒頭たまたまですが今ノーベル賞で話題になっている

 

がんの免疫治療のお話があります。

 

民間の怪しい免疫治療に臨んでしまうガン末期の患者とその家族の話です。

 

幸せな最期ってどういうことなのかをそんな視点から描いてみました。

 

そのほか可愛い一人暮らしのおばあちゃんの恋物語もあります。

 

癌の母親が病院で最期を迎えるとばかり思っていたところ、

 

突然最後は自宅で迎えたいと言い出した母。

 

その母を母と仲が悪い独身の息子が一人で介護する羽目になり・・・

 

そんなどこにでもありそうな話ですが、明日は我が身です。

 

参考までにでも読んでみませんか?面白いですよ!

 

書店でも見つけやすいカバーです。

 

ポチッとでも書店ででもぜひお求めくださいませ。

 

 

author:魚戸おさむ, category:-, 15:50
comments(2), trackbacks(0), -
久しぶりの巻頭カラーです

はっぴーえんど41話

 

本日発売のビッグコミックの巻頭カラーです。

主人公天道が国境なき医師団に参加したいきさつから

後々に語る在宅医になるまでのエピソードを描く新章の始まりです。

興味のある方読んでみてください。

巻頭カラー部分は、

南スーダン国内避難民キャンプ ”国境なき医師団”医療施設

から始まります。

 

あ、いや、絶対に面白いので読んでください!!!(^^)/

 

author:魚戸おさむ, category:-, 18:38
comments(0), trackbacks(0), -
あなたはどうですか?

これを見て思い当たることがありませんか?

 

気になったら一度歯医者さん、

 

または病院に行ってみてもいいのかもしれませんよ。

 

この画像をプリントしてお友達にプレゼントしませんか?

 

改めてこれからの時代は”医科歯科連携”だと学びました。

 

author:魚戸おさむ, category:-, 22:24
comments(0), trackbacks(0), -
グルメ漫画家トークショー

皆さん、興味がありましたらいらっしゃいませんか?

 

生漫画家がしゃべります。

 

ただ、僕の場合、グルメ漫画家ではないのですが・・・

出たとこ勝負です!!

 

参加される方、声をかけてください。(^.^)

 

 

author:魚戸おさむ, category:-, 16:16
comments(0), trackbacks(0), -
よろしくお願いします!!!

「はっぴーえんど」4巻が発売になっています。

 

読まれたことのない方、1巻から読まなくても読めますので

 

是非一度読んでみてください。

 

この先はもっともっと増えるであろう在宅診療、終末期のお話です。

 

 

 

自分や親や兄弟、友達は死なないと思って暮らしていませんか?

 

でも人は生きている限り100%死にます。

 

だから特別な事じゃないんです。でしょ?

 

ただ生き方は選べるけれど、死に方は選べないんです。

 

だって

 

「自分は平均寿命まで元気で生きて、その後コロリと死にたい。」

 

そう思ったって、明日交通事故で、災害で、どんなことで

 

命を落とすか分かりません。誰もが知っていることです。

 

だからせめて今日を有意義に、大切に、出来れば楽しく暮らすことが

 

求められるんですよね。

 

 

そんな事を、読者の皆さんにほんのちょっとだけでも気にする時間を

 

この漫画を読んで持ってくれればと偉そうに思っているのですが。

 

 

買って読んでください!!!\(~o~)/

 

author:魚戸おさむ, category:-, 00:20
comments(0), trackbacks(0), -
はっぴーえんど  4巻発売

「はっぴーえんど」の新刊4巻が

 

今月30日頃に発売になります。

 

今回は今まで以上に面白いですよ!

 

 

がん患者と言えども、性欲がないわけではないそうです。

 

しかしその件に関しての文献がほぼないのが実態だそうで、

 

これからの患者のためにも、早急に医療関係者の方に

 

書いていただきたいと思います。

 

今回は男性患者がソープランドに行くお話。

 

ペットの犬を飼っている一人暮らしのおじいさん患者が

 

自分が先行き短いと知り、愛犬をどうするのかというお話。

 

そしてがん末期で投げやりになって生きる気力がうせかけた

 

高齢の元女優がん患者が生きる気力を取り戻すことになるが

 

そのアイテムと、そのアイテムは亡くなってからも大切に

 

使用するものであり、更には家族にまで影響するというお話です。

 

 

6月30日、大きな書店さんに行く。

 

又は今からポチッと予約をすると、発売日後すぐにお手元に届きます。

 

カバーも今までの3巻にも負けずに素敵でしょ?気にいってます。

 

 

皆さんよろしくお願いします。

 

 

author:魚戸おさむ, category:-, 04:26
comments(0), trackbacks(0), -
梅雨入り?

なんだか梅雨入りのような雨の日が増えてきましたね。

梅雨も嫌いではありません。

梅雨時の青空がまた格別に思えるからです。

ただ、ジメジメダラダラと暑いのが苦手です。

涼しい日が多いといいんですけどねえ・・・甘いか(~_~;)

 

でも雨の日には、こんな写真が撮れるのが楽しいです。ヽ(^o^)丿

 

author:魚戸おさむ, category:-, 04:18
comments(0), trackbacks(0), -
今年も幸せでした。

今年も3月29日毎年恒例の漫画家仲間のお花見が

練馬区石神井公園の一番の桜の木の下で行われました。

気温が高く、気持ちのいいそよ風が吹くと桜の花びらが舞う

これ以上ない綺麗なお花見でした。

朝9時に場所取りして(平日の朝なので早すぎて誰もいず)、

終ったのは6時半でした(笑)

 

普段は顔を合わせる人は少ないのですが、

今年もお花見では顔見知りの漫画家先生達とアシスタント達の面々が70人ほど集まりました。

 

写真は集まった漫画家先生達。

前列中央がちばてつや先生。

毎年「のたり松太郎」ラベルの一升瓶を抱えてやって来てくれます。

とてもお元気で、先生が登場するとその他の漫画家先生達は全員総立ちで

挨拶に行列ができます(笑)

ちば先生の存在の大きさが嫌でも分かる微笑ましいシーンです。

 

そんな先生達と毎年お花見ができる事はどれだけ幸せなことか、

参加してみるとよく分かります。ありがたい話です。

 

二次会もあり、家に帰ったのが深夜12時半でした。バカですね。

 

来年もまた元気で皆さんとお会いしましょう!!

 

 

author:魚戸おさむ, category:-, 14:29
comments(0), trackbacks(0), -
梅沢冨雄さんも激賞!!

「はっぴーえんど」3巻がまもなく発売です。

 

今月2月23日(金)です。

 

過去2巻以上の読み応えだと思います。

 

よろしければ書店で。またはポチッとしてください。

 

よろしくお願いします!!!\(~o~)/

 

 

カバーデザインはこんな感じです。

 

梅沢冨美男さんが、ちゃんと読んで帯用のメッセージを送っていただきました。

 

テレビのキャラとは違い、本来はとても人柄いい方なんです。

 

 

一巻から変わりなく、小説のようなデザインです。

 

下は帯を取ったものです。

 

北海道石狩浜ノ昔のニシン漁の桟橋跡を、僕の従兄(アマチュア)の作品です。

 

美しいです。

 

author:魚戸おさむ, category:-, 12:28
comments(0), trackbacks(0), -